ホテルズドットコム - 世界最大級のホテル予約サイト

2013年04月24日

ゴールデンウィーク 海外旅行 減少



今年の傾向としては以前から言われてましたが、ANAとJALがそれぞれゴールデンウィークの予約状況を19日に発表。



ANAは国内線が前年同期比で予約数が0.9%増の106万4842人で、予約率は51.5%。



ピークは下りが5月3日、上りが5月6日。 沖縄方面の予約が好調との事。



一方国際線は予約数が3.9%減の18万2560人で予約率は70.7%。



リゾート地・北米・欧州線などは前年を上回ったけど、中国線が前年を下回り、全体の旅客数も前年割れ。



なんか判る気がします。



日本発のピークは4月26日・27日で日本着が5月5日・6日との事。



そして、JALグループ。



国内線の予約数は1.5%増の87万6711で予約率は57.1%。



沖縄方面、北海道方面の予約率が高いそうです。



国際線の予約数は1.9%減の24万3343席と前年を下回ってて、予約率は75.9%。



やっぱり尖閣諸島問題の影響で、中国・韓国方面の予約が伸び悩んでて、予約率は低調との事。



台湾やリゾート路線の予約率が高くなってて、アジア・米州方面の予約数も前年を大きく上回って推移しているそうです。



そう思うと、今年のゴールデンウィークは海外が狙い目かもしれませんね。



楽天トラベルなら、ANAでもJALでも便利でお得です!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。